一発合格者はどんな勉強をしている?

基本を大切にしよう!

司法書士試験はかなり難関な試験であり、合格に何年も必要とした合格者も多いようです。でもその一方で、何人もの一発合格者がいるのもまた事実。そうは言っても「そういう人はどうせ法学部出身とか、法律知識が元々身についていた人なんだろうな」なんて思っていませんか。実は法学部出身でもなく、法律知識ゼロの状態から始めた一発合格者もたくさんいるんですよ!そういう人たちがどんな勉強をしていたか気になる所ですが、ポイントは基本を大事にすることにあるようです。出題科目が多い司法書士試験において、マイナーな知識まで頭に入れようと手を広げるといくら時間があっても足りません。そのせいで大事な基本知識がおろそかになってしまっては本末転倒です。基本を徹底することで、正答率の高い、落としてはいけない問題は全て正解できるようにすることが大切になります。

時間を有効活用しよう!

基本の知識を大事にすることに加えて、過去問を繰り返すことも有効な勉強法です。と言うのも、司法書士試験に求められる知識が過去問には詰まっていますから、過去問を解くことが基本の知識を身に付ける手っ取り早い方法と言えるからです。また、一発合格者は時間の使い方も上手なようです。いくら基本に絞ったとは言っても、たくさんの知識を頭に入れなくてはなりませんから、限られた時間は有効に使わなくてはなりません。ですから、電車での通勤時や入浴時などの細切れの時間も、前日の復習に充てるなどして利用すると良いでしょう。またいつもより30分早く起きて勉強するのも有効です。たった30分でも毎日続けることで、かなりの時間を作ることが可能となります。日々の努力の積み重ねで一発合格を目指しましょう!

© Copyright Someone Appreciates. All Rights Reserved.